しあわせの ポーセレン レースドール

       ポーセレンレースドールとポーセラーツの

Entries

リアドロ ポーセリンのお花

前回の記事のとおり、
リアドロ創業60周年記念 リアドロ展」へ行ってまいりました。

リアドロの60周年記念作品やその他の展示作品を
楽しみに行ったのですが、
もうひとつの目的は、リアドロフラワーアーティストさん制作実演です。



以前参加したフラワーアーティストさん来日の催しでは制作講習会もあって、
実際にリアドロのバラとデージーの作り方を教えていただいのですが、
今回は実演だけでした。

撮影歓迎、との事なので、携帯でパシャパシャ撮らせていただきました。
動画を撮影されている方もいらっしゃいました。

次々に、いとも簡単そうにいろんなお花を制作されていきます。




作っていらっしゃるのは、私も大好き、人気作品の「ロマンティックな朝

リアドロのお花は、スペインでよく見かけるお馴染みのお花ばかりだそうです。

60周年記念作品でははじめて登場したひまわり
スペインのイメージですものね。



ひわまりも実演してくれました。
このちっちゃなのがひまわりの花びら。
手びねりで同じ形、同じ大きさにあっという間にできちゃうんです。




ばらやカーネーション、カラーなどを
次々に作って見せてくださいました。

花びらも葉っぱも抜型は使わずすべて手びねり。
やはりアーティストさんによってお花に少し違いがあるそうで
見れば自分の作品かどうかわかるんですって。

リアドロの1000人くらいの職人さんのうち、
フラワーアーティストさんは、60名くらいいらっしゃるそうです。
60名ほどで、すべてのリアドロ作品のお花を手作りしていらっしゃるって
すごいですよね。
スペインバレンシアの方が多いそうです。

実演しておられたホセ・マリア・ソレラさん
フラワーアーティスト39年のベテランさん。

肩肘はらず流れるような動きでとても楽しそうに制作されていて、
お花やポーセレンに対する愛情を感じました。
楽しんでしあわせな気持ちで制作されるから
あんなに素敵な表情のあるお花ができるのですね。

自分がお花を作る時って、
   あ~、あと10個くらい作らなあかんわぁ、 
   お花作るん、大変やわぁ、
なんて思いながらだったりするので、かなり反省です・・・。

お花いっぱいの作品を作りたくなってきました~\(^o^)/
だって、本当に楽しそうで簡単そうだったのだもの。
スポンサーサイト

左サイドMenu

☆ プロフィール

maho

Author:maho
大阪・北摂で、
ポーセレンレースドールの制作を楽しんでいます。

レースドールとポーセレンクラフト、ポーセラーツのアトリエ
Porcelain Art Studio Cosmos主宰

☆8月・9月のレッスン日程

レギュラーレッスンスケジュール
 
8月
        2日(水)午前 
        2日(水)午後 
        5日(土)午前 
        5日(土)午後 
        7日(月)午前 
        7日(月)午後 
        9日(水)午前 
        9日(水)午後 
       30日(水)午前 
       30日(水)午後 

9月
        2日(土)午前 
        2日(土)午後 
        6日(水)午前 
        6日(水)午後 
       12日(火)午前 
       12日(火)午後 
       13日(水)午前 
       13日(水)午後 
       20日(水)午前 
       20日(水)午後 
       27日(水)午前 
       27日(水)午後 
               

☆ 最新記事

☆ メールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

☆ ブログ内の画像

ブログ内の画像を表示しています。 クリックすると、その画像の記事が読めます。

右サイドメニュー

ブログ内検索フォーム