しあわせの ポーセレン レースドール

       ポーセレンレースドールとポーセラーツの

Entries

レースドールの先生になるには?




ウェブサイトやブログをご覧いただいたかたから
レースドールの先生になるには、どのくらい期間がかかりますか
先生の資格はどれくらいでとれますか
などとお問合せいただく事がございます。


それって、とっても難しいご質問です。


絵や陶芸、ピアノなどの先生は、
先生である前にご自身の創作活動、演奏活動をなさる
画家、陶芸家、演奏家ですよね。
レースドール教室の先生も、基本同じだと思います。
先生である前に、レースドールの人形作家なんです。


レースドール教室の先生になるには、
まずはレースドール作家のもとでレースドールの技術を習得し、
人形作家として独立します。
他の先生がたのケースをあまり存じ上げないのですが、
師事される先生によっては、独立するための独自のディプロマを
出していらっしゃることもあるようです。
展示会やドールショー、Web、出版物などで
オリジナルの作品を発表するなどの創作活動のほか、
作品販売やオーダー制作をなさる先生もいらっしゃいます。
先生によって色々なのでしょうね。
お教室を開くのも活動のひとつです。
独立して創作活動をするレースドール作家さんが全員
お教室をされているわけではないです。


一般にレースドール教室では、工程の一部(鋳込みや焼成など)は
生徒でなくたいてい先生がされます。
なので、自分で創作するには
教室では教わらない部分のお勉強や経験も別途必要です。
デザインや色彩、服飾史など色々な知識も。


ひとつの作品を仕上げるのに、構想から完成まで数ヶ月かかりますから、
技術の習得にも当然時間がかかります。
テクニック的なことを習得できれば、
作家として発表できるようなオリジナル作品の制作をします。
師事する先生の指導で制作した作品は、自分のオリジナル作品ではないので
作家としては発表できませんものね。


一概に「○○年やれば先生になれます」とはお答えできないの、
おわかりいただけるかしら。


20年以上お勉強してから独立されるかたもいらっしゃれば、
つめてお勉強して短期間で独立されるかたもおられるかも。


私の場合は、レースドール教室で学んだ後、
師事する先生主催のインストラクタークラスで
鋳込みや焼成の他、デザインなど、独立に必要なことを学びました。
レースドール経験10年足らずでインストラクタークラスに入りましたので、
少し早いのでは、と言われましたし、
実際20年クラスの同期のかたとは経験の差が歴然。ついていくのが必死でした。
約3年、インストラクタークラスでみっちりお勉強し、
独立して自分の制作の経験を積みました。

作家としては2007年のホテル日航茨木での展示会が始まりで、
その後作品展などで作品発表してまいりました。
でも、ドールショーなどコンクールへの出品経験はないですし、
展示販売などもしていなくて、Web中心にマイペースに活動しております。


もっとお勉強したいし、
制作してみたいテーマもたくさん。
レッスンにいらっしゃる生徒さまとともに
私も成長していけるよう頑張りますね~。


それにしても、読み返してみると
ツラツラ長くてまとまりのない文章・・・(>_<)
どう校正すればいいのかもわかりません・・・。
お許しくださいませ。
次回からは簡潔にします!






スポンサーサイト

左サイドMenu

☆ プロフィール

maho

Author:maho
大阪・北摂で、
ポーセレンレースドールの制作を楽しんでいます。

レースドールとポーセレンクラフト、ポーセラーツのアトリエ
Porcelain Art Studio Cosmos主宰

☆8月・9月のレッスン日程

レギュラーレッスンスケジュール
 
8月
        2日(水)午前 
        2日(水)午後 
        5日(土)午前 
        5日(土)午後 
        7日(月)午前 
        7日(月)午後 
        9日(水)午前 
        9日(水)午後 
       30日(水)午前 
       30日(水)午後 

9月
        2日(土)午前 
        2日(土)午後 
        6日(水)午前 
        6日(水)午後 
       12日(火)午前 
       12日(火)午後 
       13日(水)午前 
       13日(水)午後 
       20日(水)午前 
       20日(水)午後 
       27日(水)午前 
       27日(水)午後 
               

☆ 最新記事

☆ メールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

☆ ブログ内の画像

ブログ内の画像を表示しています。 クリックすると、その画像の記事が読めます。

右サイドメニュー

ブログ内検索フォーム