しあわせの ポーセレン レースドール

       ポーセレンレースドールとポーセラーツの

Entries

新幹線で作品搬入完了!作品展本日からです

いよいよ本日より、東京都美術館での作品展が始まります。

著名なレースドール作家の先生がたの
素晴らしい作品がずらり!圧巻です。


21世紀アート ボーダレス展2015

10月31日(金) ~ 11月6日(金) (11月2日休館)
9:30 ~ 17:30 (最終日は13時まで)
東京都美術館 ギャラリーA
入場無料



搬入の大仕事を終え、素晴らしい作品にふれ、
東京の先生がたとお話して刺激をいただき、
とっても気持ちが高揚しております。
お話したいことがいっぱい。

落ち着いて、また少しずつお伝えしていきたいと思います。


今日は、昨日の搬入の様子をご報告させてください。

私の作品は2ケースに分かれていたので、
ひとりで会場まで運ぶのは不安。
あてにしていた娘の都合がつかなくなったのだけれど、
何とかなるかな、といつものように楽観的だったのです。

頼りない私を友人たちや生徒さまが心配して、何名ものかたが一緒に東京まで同行してくれる、と連絡を下さいました。
人に恵まれて本当に幸せです。
感激でしたが、さすがにそこまで甘えられず、お気持ちだけありがたくちょうだいいたしました。

新幹線は、グリーン車だとまずお隣に人が来ません。
作品は安全に床に置けて安心でした。



一番心配だったのは、人の多い東京駅構内の移動。
新幹線降りてからタクシー乗り場まで、右も左もわからない私が作品2箱かかえて無事に行けるのかを危惧して、友人が東京駅のポーターサービスを調べて教えてくれました。




ポーターさん、ものすごく助かりました。
格好いい制服のイケメンポーターさんがこの専用ケース付き台車で運んでくれます。

あらかじめ、繊細な割れ物作品だとお伝えしていたので、
「お荷物通ります」と回りに声かけし、床がガタガタした所はゆっくり浮かしたりしながら、とても丁寧に運んでくださいました。
そしてタクシーに乗るまで手伝ってくれました。

ここまできたらもう安心。
タクシーで美術館の搬入口までつけてもらい、いざ搬入です。
京都から出展する友人が先に着いていて、お顔を見てほっとしました。
作品運ぶのに、やっぱり緊張していたのね。



会場です。
レースドール作品の白い展示ケースがずら~り。
レースドールだけでなく、絵画やお花などその他の工芸作品も展示されています。

「21世紀におけるジャンルを越えたアート及びクラフトの交流振興と次世代への継承をテーマにした展示会」だそうです。





搬入後、開催中のモネ展も鑑賞できました。

今回は搬入だけで会場はゆっくり拝見できなかったので、
搬出前に早めに会場に行きたいと思います。
11月6日(金)午前中は会場にいる予定です。


スポンサーサイト

左サイドMenu

☆ プロフィール

maho

Author:maho
大阪・北摂で、
ポーセレンレースドールの制作を楽しんでいます。

レースドールとポーセレンクラフト、ポーセラーツのアトリエ
Porcelain Art Studio Cosmos主宰

☆6月・7月のレッスン日程

6月
        2日(金)午前 
        2日(金)午後 
        3日(土)午前 
        3日(土)午後 
        7日(水)午前 
        7日(水)午後 
       14日(水)午前 
       14日(水)午後 
       21日(水)午前 
       21日(水)午後 
       28日(水)午前 
       28日(水)午後 
7月
        1日(土)午前 
        1日(土)午後 
        5日(水)午前 
        5日(水)午後 
       11日(火)午前 
       11日(火)午後 
       12日(水)午前 
       12日(水)午後 
       13日(木)午前 
       13日(木)午後 
       19日(水)午前 
       19日(水)午後 
       26日(水)午前 
       26日(水)午後 

☆ 最新記事

☆ メールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

☆ ブログ内の画像

ブログ内の画像を表示しています。 クリックすると、その画像の記事が読めます。

右サイドメニュー

ブログ内検索フォーム